FC2ブログ
2020年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2014.10.14 (Tue)

今年は13日でした。

忘れていませんよ。カンマエ先生のお誕生日。昨夜、猫たちとお祝いしました。
今年は、ミョンミンさんと5日差だったんですよね。

20141012 2023
スポンサーサイト



11:05  |  マエストロ・カン  |  EDIT  |  Top↑

2013.05.23 (Thu)

ベートーベン・ウィルスの台本

ベートーベン・ウィルスのシナリオ本が韓国で発売とのことで、さっそく取り寄せてみました。
小説を書くに当たって、どうしても正確な台詞が知りたかったので、とっても嬉しい❤
とは言え、読みこなすのは相当大変なんだけれども。。。。。

BV

テーマ : ★韓流スター★ ジャンル : アイドル・芸能

14:00  |  マエストロ・カン  |  EDIT  |  Top↑

2013.04.25 (Thu)

今度の映画でミョンミンさんが妊娠!!

さて。
キム・ミョンミンさんの次回作がほぼ決まりました。
「強豪出産期(原題直訳)」
なんと、男が妊娠する話だそうです!!

昨年、「カンマエ妊娠出産小説」を書いた私にとって、これはなんとも言えないニュースであります!w
自分の中で作っていたものが、一部現実化された奇跡(男が妊娠ですから、普通ではあり得ない奇跡的現実化ですよねw)、ミョンミンさんの妊娠っぷりを見れる喜び(笑)
もう、リアル「ゴヌマエ」ですよ!!www

しかしその反面、自分の作ったものとあまりにかけ離れていたらどうしよう、という怖さ。(まぁ、キャラも設定も違うので、違って当然ではあるのですが。)
カンマエ先生(ミョンミンさん)を妊娠させて、愛読者さん達と密やかにうはうは喜んでいたものが、いきなり公のものになってしまったという、小さな残念感w

もの凄く嬉しくもアリ、どことなく残念な寂しさもアリ、なのですが、やっぱり楽しみです!
撮影は7月上旬から開始とのこと。どんな妊娠男っぷりを見せてくれるのか、期待したいです!(*´ω`*)

テーマ : 韓国俳優 ジャンル : アイドル・芸能

16:21  |  マエストロ・カン  |  EDIT  |  Top↑

2013.04.13 (Sat)

カンマエ先生❤のミュンヘン・フィルハーモニー

本日、カンマエ先生❤の楽団・ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団のコンサートに行ってきました。
指揮は、カンマエ先生ではなく、ロリン・マゼールさんでしたけれどw
曲目は、ベートーベン:序曲「コリオラン」、交響曲第4番変ロ長調 作品60、交響曲第7番イ長調 作品92(のだめの曲ですねw) です。

席がバックステージの最前列だったので、近い近い。
手を伸ばせば、オケの一番後ろの、若いトランペットのお兄さんの頭に触れそうなほど(いや、実際は無理ですが)近いんですよね。
で、指揮者と対面の位置なので、指揮者の表情や声、息遣いがよくわかるんです。
あぁ、これがカンマエ先生だったら……(*´エ`*)

2013-04-13-15-08.jpg


曲に関しては私は素人なので、立派な解説は何もできないのですが。
曲が終ると、そのパートで目立つソロ部分を勤めた奏者を、指揮者が立たせて讃えるんですよね。
その時の、「立って」という、マゼールさんの仕草と表情がとても優しくて、あぁ、カンマエ先生もあんな風にするときは優しい笑顔になるのかなぁ(*´エ`*) なんて、そんなことばかり思っていました。
指揮者のああいう表情はバックステージだからこそ、見れたんですよねぇ。

最後はブラボーの声が止まず、凄い拍手でした。
奏者の皆さん同士も、握手をしたり抱き合ったりしていたので、いい演奏だったんだと思います。
で、そのうち奏者の皆さんが、いきなり、一斉に、全員、後ろを向いて、バックステージの私達にも挨拶をしてくれました。
距離が近いので、「わわっ!」って感じでしたね~。ミュンヘンフィルのオーラに当てられた感じです。
指揮者と奏者の皆さんがステージを去った後も、客席は総立ちで拍手が止まず、マゼールさんが、また舞台に出てらして、正面とバックステージに挨拶をしてくれました。
このバックステージ、かなり癖になりそうです。あっという間の2時間でした。

ところで、今日のコンサートの協賛がBMW。
ということで、ホール入り口にBMWの展示車がありました。
も~~~う!カッコイイ!!この質感!!この色!!渋い大人の男に似合いそう~(*´エ`*)
価格は、約1400万円。私にはどう逆立ちしても無理なので、弟に買ってもらいたいんだけどwww

BMW2.jpg

テーマ : クラシック ジャンル : 音楽

19:42  |  マエストロ・カン  |  EDIT  |  Top↑

2013.03.07 (Thu)

ミョンミンジャパンが公認サイトに

私が仲間と運営している、キム・ミョンミンさんのファンサイトが、ミョンミンさんご自身と事務所に認めていただいた公認サイトになりました。
いわゆる、「キムミョンミン日本公式ファンサイト」になったと言うことです。

『ミョンミン・ジャパン☆キム・ミョンミン日本公式ファンクラブ』

棲み分けは出来ていたはずでした。
向こうは英語サイトの中の日本語掲示板だけど、なんと言っても立派な公式。
うちは日本語サイトだけど完全に非公式。KMMintと提携しても所詮、気楽でひ弱な非公式。
これで充分に棲み分けが出来ていると思っていました。

ところが、その棲み分けの均衡を破られた。
完全にうちの領域に侵入され、うちの存在の意義は、殆どなくなることに。

それを知ったミョンミンさんが、私達を助けてくださいました。
はぁ(*´ω`*)さすがミョンミンさん(*´ω`*)
いえ、厳密に言えば私達を助けてくれたと言うよりも、争いを好まれないミョンミンさんのご配慮かと。

他ならぬミョンミンさんご自身にご配慮いただいたのですから、もう一度、棲み分けをしなければ。
ファンの奪い合いはしたくないので(それほどの体力もありませんし)、それは譲ろうと思います。

私達は、ファンを集めてファン同士で楽しく語り合うこと以上に、「キム・ミョンミンという俳優の素晴らしさを世に伝え、ファンの立場でミョンミンさんを支え、ミョンミンさんに尽くし、ミョンミンさんに無償の愛を捧げ、ミョンミンさんの為に活動していくことを第一の目的」としたサイト運営をしていこうと思います。
ファンサイトと言うよりも、ミョンミンさんの為のサイト、という色合いを濃くしていくつもりです。

昨年10月の福岡以来、私はミョンミンさん絡みのことで「こうしたい!!」と思ったことは殆どありませんでした。
むしろ望んだことは一切叶わず、あとは流れに任せただけでした。
今回、公式として認定していただいたのも、強く願ったと言うよりは流れからくるものでした。
もし棲み分けの均衡が破られなかったら、私達は公式には絶対なっていませんでした。
もともと、そのつもりは全然ありませんでしたから。

願わなくても、いやむしろ願わずにいることで、ミョンミンさんに沿う流れが、ずっと私の側にある気がします。
本当に大好きだから、運命の神様がそういう流れに乗せてくれているんだろうな、と思うくらいです(笑)

ということで、ミョンミンさんに感謝をしつつ、もう二度と、棲み分けの均衡を破られないことを祈って……。

テーマ : 韓国俳優 ジャンル : アイドル・芸能

19:03  |  マエストロ・カン  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT